言わせてみてぇもんだ

buridc.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 16日

もっと楽しく.DC2!

一文だけ、ある本から。

「自己の向上を心がけているものは、けんかなどするひまがないはずだ。
おまけに、けんかの結果、不機嫌になったり自制心を失ったりすることを思えば、いよいよけんかはできなくなる。
こちらに五分の理しかない場合には、どんなに重大なことでも、相手にゆずるべきだ。
百パーセントこちらが正しいと思われる場合でも、小さいことならゆずったほうがいい。
細道で犬に出会ったら、権利を主張してかみつかれるよりも、犬に道をゆずったほうが賢明だ。
たとえ犬を殺したとて、かまれた傷はなおらない。」


逆に言えば、

・自己の向上を心がけるつもりのない人
・自分をとにかく傷つけたい人

はどんどんけんかしたらいいってことだろうね。

まーそういう生き方は疲れそうだけどなー

個人的には、自己の向上を心がけ、自分を傷つけない生き方が一番幸せでいいと思う。
[PR]

by buriDC | 2007-11-16 18:16
2007年 11月 06日

もっと楽しく.DC!

すげー長いこと放置してましたね、このブログ。実に2年。

長いこと放置してたのに、なんで日記なんか書こうかと思ったのかと言いますと、

はてなアンテナさんから色々回ってたら、

今、DCを変えようとする動きが活発になってるな、という印象を受け、

そのことについて自分なりにも考えるところがあったので、書いてみようかと思いました。

この日記が、DC活性化のお力に少しでもなれれば、幸いです。


ですが、今から書くのはすごい長文なんで、めんどくさかったら遠慮せずに、右上の×を左クリックしてください。



まず、大前提として、サッカーは個人戦ではありません。

DCでいうと、9vs9の団体戦になります。

ですから、当然のことながら、自分の思い通りにならない状況がかなりの確率で起きます。

そこは、まず一つ大事なところです。



で、自分の思い通りにならない状況が発生したとき、人はどういう行動を起こすか?

そここそが、DC衰退の一番の問題だと思います。


その思い通りにならない状況とは?

そこから、具体的に説明します。


まず、例から挙げます。

自分はSBに入りました。

カウンターの時、絶好のタイミングでポジショニングをし、

レーダーで見れば、一瞬でわかるようなフリーな位置取りを出来てます。


が、パスは全然違うほうへ出されてしまった。

その上、そこから相手に繋がれ、即失点。




まー、腹立ちますね。

自分だったら、

「そこは、どう考えても俺やろw お前らあほじゃないの?」

ぐらい独り言言ってしまうかもしれません。




また、これは、自分の過去の話ですが、

OSからDCへと時代は移り、自分がGKを辞め、FWをはじめ、そこそこ上手くなったころ、

ある試合で、いつものようにFWに入りました。

ですが、まったくパスが来ません。完全フリーなポジショニングを取れていてもです。

そのときは、試合中に、パスをまったくくれなかった選手に、一度さりげなくスライディングをしてしまったことを覚えています。

恐らく、その当時の自分は、自分が悪いとは思ってなかったでしょう。

ですが、スライディングされた人は、まず間違いなく気分を害されたはずです。


今思えば、相当恥ずかしい話です。どんだけ未熟なのかと。ほんとに申し訳ないです。



DCは、このようなことが至る所で起こってしまっているんではないでしょうか?

というか、これは自分なんかが日記に書かずとも、「そんなんわかってるわ」って思ってる方は大勢いらっしゃると思います。


確かに、フラストレーションが溜まるのはしょうがないことです。

これは勝手な想像ですが、どんなに良い人でも、サッカーしててフリーでパスもらえなかったら、

「今のは俺にパスやろw」ぐらいは、一瞬は思うんじゃないでしょうか。

ですが、問題はその後。

その後に、どんな行動を起こすか。



そこは、ここまで、この日記を読んで頂いた方々なら、その答えはわかってると思います。



自分の感情をコントロールするということは、非常に難しいことです。

もちろん、自分も全然出来ていません。糞試合だったら、試合中にいらいらしてばっかりです。

だけど、ここで偽善ぶって、自分はまったく気にしてないですよ^^ なんてことは言いません。


理想論だけで言えば、DCをやってる人全員が相手のことを考えられるようになれば、

辞めていく人はどんどん少なくなり、新規参入者が増え、

DCは日本一のネットスポーツゲームになれる可能性があると思います。



以上、長くなりましたが、中二病日記でした。
長いのに、読んでいただいて、本当にありがとうございました。
[PR]

by buriDC | 2007-11-06 19:37