言わせてみてぇもんだ

buridc.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 23日

シュートについて 2

今回も前回に続いてシュートについて書きます。

2.クロスを受けてからのシュート
  a.アーリークロスなどをDFより前に出た位置でボールを受ける場合c0064284_61662.jpg

 このような状況でボールを受けることが出来た場合かなり有利です。
ですがこのような状態でボールを受けること自体がやや難しいです。

基本はボールを持った味方をQやEを使ってよくみること・そしてレーダーをよく見ることです。よくみてボールの軌道が予測できればこのような状況でボールを受けることが出来、すぐシュートを打てばGKは反応が遅れて、シュートが決まることは多いでしょう。
 ただしっかりと隅を狙えるように練習は必要です。このような状況ではGKはカンに頼るところが大きくて、隅でなくてもカーブがかかっていればより決まりやすくなるはずです。

また自分がやっていることなんですが、この状態でPA内に入るぐらいまでドリブルして、WとD・WとAを押しながらななめにノールックシュート。これは少し練習すれば結構楽に隅にシュートをする感覚がつかめます。

それとあんまりシュートに時間をかけてしまうとGKが飛び出してきてシュートコースを狭められたり(この場合はループシュートがいい)、DFにスライディングされます。


 b.PA内、敵・味方が混雑した状態でボールを受ける場合c0064284_610679.jpg

このような状況の場合はクロスの弾道をしっかりと読むことが大事です。
ジャンプをした時の最頂点でボールが取れる位置にうまく移動しなくてはいけません。
その感覚をつかむにはやはり何度もクロスを受けて慣れることです。

ボールが取れたらとにかくゴールめがけてシュート。威力はあるにこしたことはないですがそこまで重要ではないです。ヘッドを思い切り打つためにはクロスが飛んできてジャンプする前ぐらいからゲージを溜めはじめないといけません。


3.サイドからのシュート
 a.位置は画像参照c0064284_13235961.jpg

サイドでフリーになっている選手がいる状況で、サイド裏にボールがだされるのはよくある状況ですが速いカウンターの際、選手がサイドでボールをもった時、この画像のように味方選手が間に合ってないことがたまにあります。このままボールキープで味方を待つのもありですが、ここからシュートを打つというのもたまにやると効果的です。GKが「クロスが来るぞ」と思って、前に飛び出してクロスを取ろうとしている場合、この角度からシュートがくると油断して取れないことがあります。実際GKを専門にしていたとき何度かやられました。ただ、FWが中に走りこんできている、何度もやってると読まれてしまうということを考えると5試合に1回ぐらいのレアシュートにしたほうがいいと思います。
[PR]

by buriDC | 2005-02-23 13:33
2005年 02月 22日

シュートについて

なんとなく自分は攻撃的なポジションが好きなので
今日は状況別でシュートについて書いてみます。
これは自分がやってることであって 参考になればいいなとおもってます

1.ゴール正面
 a.位置は画像参考、DFがついている場合c0064284_1459553.jpg


 このぐらいの位置からのシュートは距離もあるので
適当なシュートじゃめったに入りません。
  ただ相手GKも集中しているはずですがGKが油断している場合、このような状況になってすぐにポストにあたるぐらい隅のコースを狙ったシュートを打てばシュートが決まる可能性はかなり上がります。
コツはゴールが見えたらすぐにシュートです。ただ周りにフリーな味方がいたときはそっちも見たらいいとおもいます

 b.DFがついていない場合c0064284_1591646.jpg

スルーパスなどを受け、完全にDFを振り切った状態での正面からのシュート。

①すぐにシュートを打つ
 このままストレートのシュートやカーブをかけたシュートを打ちます。

②しばらくドリブルしてシュート
 すぐにシュートは打たずに、ドリブルでGK近づきます。
GKが前に飛び出してきた場合、ループシュートやここから横を向いてGKの横を通るシュートを打つといい感じです ループシュートはだいたい浮いたクロスを上がるぐらいの角度で3分の1ぐらいのゲージで打つとちょうどいいはず
とにかく落ち着いてやるのが大事です
ただしあんまり時間をかけるとDFからスライディングを受けます

 c.シュートコースをDFにふせがられている場合
c0064284_15165845.jpg

味方からのクロスやパスを受けて後のDFがシュートコースを遮っている場合のシュート。

この距離で前を向いてドリブルはかなりきついものがあります。DFにあっさりとられることが多いです、前を向く場合はすぐにシュートを打つぐらいでいったほうがいいとおもいます。

自分がよくやるのは横を向きながらシュートです。
横を向くことでドリブル中のボールは前にでないしDFにとられにくくなります。
横を向いたまま打つわけですが普通に打つとシュートコースを防いでいるDFにあたってしまうことが多いです。そこでこの横を向いた状態でQとEそしてマウス操作で左右に体を振り、
シュートフェイントをします。そうすることでシュートコースが開きシュートが通る可能性があがります。

こんな感じで今日は終わります。続きはまた今度。
[PR]

by buriDC | 2005-02-22 15:12
2005年 02月 21日

はじめてのブログ

Blogブームに乗り遅れてBlogを作ったけど結局それから1ヶ月も放置してしまった
このブログを今日から元気にすることにしました。

このブログはDreamCupっていう無料のオンライン3Dサッカーゲーム的なことを書いていきます。
なにそれって人はググったら出てきます。

なんか白い線が入ってるのは自分でもよくわかりません。
c0064284_14472430.jpg

[PR]

by buriDC | 2005-02-21 23:22