言わせてみてぇもんだ

buridc.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 22日

シュートについて

なんとなく自分は攻撃的なポジションが好きなので
今日は状況別でシュートについて書いてみます。
これは自分がやってることであって 参考になればいいなとおもってます

1.ゴール正面
 a.位置は画像参考、DFがついている場合c0064284_1459553.jpg


 このぐらいの位置からのシュートは距離もあるので
適当なシュートじゃめったに入りません。
  ただ相手GKも集中しているはずですがGKが油断している場合、このような状況になってすぐにポストにあたるぐらい隅のコースを狙ったシュートを打てばシュートが決まる可能性はかなり上がります。
コツはゴールが見えたらすぐにシュートです。ただ周りにフリーな味方がいたときはそっちも見たらいいとおもいます

 b.DFがついていない場合c0064284_1591646.jpg

スルーパスなどを受け、完全にDFを振り切った状態での正面からのシュート。

①すぐにシュートを打つ
 このままストレートのシュートやカーブをかけたシュートを打ちます。

②しばらくドリブルしてシュート
 すぐにシュートは打たずに、ドリブルでGK近づきます。
GKが前に飛び出してきた場合、ループシュートやここから横を向いてGKの横を通るシュートを打つといい感じです ループシュートはだいたい浮いたクロスを上がるぐらいの角度で3分の1ぐらいのゲージで打つとちょうどいいはず
とにかく落ち着いてやるのが大事です
ただしあんまり時間をかけるとDFからスライディングを受けます

 c.シュートコースをDFにふせがられている場合
c0064284_15165845.jpg

味方からのクロスやパスを受けて後のDFがシュートコースを遮っている場合のシュート。

この距離で前を向いてドリブルはかなりきついものがあります。DFにあっさりとられることが多いです、前を向く場合はすぐにシュートを打つぐらいでいったほうがいいとおもいます。

自分がよくやるのは横を向きながらシュートです。
横を向くことでドリブル中のボールは前にでないしDFにとられにくくなります。
横を向いたまま打つわけですが普通に打つとシュートコースを防いでいるDFにあたってしまうことが多いです。そこでこの横を向いた状態でQとEそしてマウス操作で左右に体を振り、
シュートフェイントをします。そうすることでシュートコースが開きシュートが通る可能性があがります。

こんな感じで今日は終わります。続きはまた今度。
[PR]

by buriDC | 2005-02-22 15:12


<< シュートについて 2      はじめてのブログ >>